清潔で、とても明るいところ

「勝者に報酬はない」アーネスト・ヘミングウェイ

私たちは京都市の定めたルールに従い、
館内の感染症予防を最大限に行いながら、
皆様のことをお待ちしております

皆様へのお願い
ご自宅を出発される前に検温をお願いいたします
少しでも体調に不安がある場合は、ご旅行の計画をご再考ください
体調不良によるキャンセル料金は、当日でも発生いたしません
チェックインのさいに、身分証明書のご呈示をお願いしております。
ノースキーの取り組み
チェックイン時の検温
消毒液の設置
館内の定期的な消毒
6人ドミトリーを最大4人までの利用に制限
宿泊者以外の館内への立ち入り禁止
布タオルの代わりにペーパータオルを使用
リビング、寝室、図書室、水回りなど、館内全ての場所において、窓の開閉やサーキュレータの使用により、定期的な換気を行います。
リビングの使用人数を最大5名までとし、適切な距離をおいてのご利用をお願いしています。

blog

名前を教えて

2013年09月15日

 

猫のふりをした女性は嫌いだが、本物の猫は好きだ。好きというより、自分の人生は猫と縁があるようなのだ。犬と縁のある人生でも良かったと思う。けれどもそうはならなかった。

 

ミーニャン、シロ、チビ、クロ、モモ、チョロ…。今まで深く関わってきた猫の名前を羅列したら、ほとんど自分の人生そのものであるような気がしてくる。猫とともに成長したと言っても過言ではない。

 

広島の尾道を旅行したときのことだ。炎天下、一日中路地裏を歩いて、そろそろ宿に戻ろうかと思っていたら、瀬戸内の島々の向こうから夕立が来た。少し良いカメラを持っていた私は慌てて、近くのお寺の仏塔のひさしの下に駆け込む。同時に、一匹の三毛猫が、同じように雨宿りに来た。

 

猫は割と近くに腰を下ろしたものの、私のことなどほとんど知らん顔で、濡れた体を毛づくろいしながら一瞥したきり関心を示さなかった。毛づくろいを終えたら、ずっと海のほうを見ていた。

 

やがて雨雲の間から光が来て、瀬戸内の夕凪と、雨上がりのコンクリートの濡れた匂いだけが街に残った。

 

猫は、少し跳ねるようにしてひさしの下を出た。

 

私は思わずその背中に、「あ」と声をかける。

 

「何か?」と振り返る猫。

 

「いや、なんでもないんだ」と私は手を振る。

 

猫は向き直って路地裏に消えた。やつらは、いつだってそんな感じなのだ。