清潔で、とても明るいところ

「勝者に報酬はない」アーネスト・ヘミングウェイ

私たちは京都市の定めたルールに従い、
館内の感染症予防を最大限に行いながら、
皆様のことをお待ちしております

皆様へのお願い
ご自宅を出発される前に検温をお願いいたします
少しでも体調に不安がある場合は、ご旅行の計画をご再考ください
体調不良によるキャンセル料金は、当日でも発生いたしません
ノースキーの取り組み
チェックイン時の検温
消毒液の設置
館内の定期的な消毒
館内の定期的な換気
6人ドミトリーを最大4人までの利用に制限
宿泊者以外の館内への立ち入り禁止
適切な距離をとった交流
布タオルの代わりにペーパータオルを使用

blog

インド② デリーの街角

2015年12月04日

インドの首都、デリーに長居する旅人は、そう多くない。

 

インド門。フマーユン廊。ラールキラー。。見所が少ない訳ではない。

 

しかし近郊にはタージマハルで有名なアーグラーがあり、その先にはガンジス川ほとりの街バラナシがあり、とにかく国土が広く見所の多いインドの中では、ニューデリーをさっさと出て行ってしまう旅人が多いのだ。

 

DSC00363

 

 

DSC00373

 

 

DSC00367

 

 

それよりもなによりも、デリーには油断のならないインド人が多いことが原因だろう。

 

インドの玄関口であるデリーには、多くの【インド初心者】が降り立つ。

 

今日も鴨がネギをしょって来たぞと。明らかな悪意をもって近づいてくる人間のなんと多い事か。すりや置き引き。恐喝まがいのぼったくり。監禁して高額なツアーを強要。あげくの果てには睡眠薬強盗などなど。。

 

インドを嫌いになる要素がてんこ盛りなのだ。

 

ならばと純粋な子供達とたわむれてみても、お金お金と詰め寄られて暗い気持ちになる。写真の少女の眼光の鋭さには、一瞬たじろぐものがあった。

 

DSC00364

 

 

それでもこの街に私が長く滞在したのは、人々から生きて行く活力、と言うか執念のようなものを感じたからだ。

 

今日食べる物のために必死になる。その感覚は少なくとも私の人生にはないものだった。

 

当時の私は、デリーの街中を歩き回りながら、いったい何を考えていたのだろう?

 

右手でカレーを食べて、インド人しかいないチャイ屋に毎日通って、客引きと喧嘩をして、時々お腹を下しながら、私が見ていた物はほんとうの風景だったのか、己の心象風景だったのか。

 

DSC00524

 

 

DSC00526

 

デリーでは、迷わずに生きる人々を観察し続けた。

 

私は両親の与えてくれた豊かさの上で、迷っていたからだ。

 

 

 

DSC00499

 

 

DSC00505

 

 

DSC00502

 

DSC00513

 

DSC00511

 

DSC00517

 

DSC00520

 

DSC00522

 

 

 

自分の為、家族の為、飢えぬようにひたすら必死に生きる事。

 

今になってみると、デリーで見つけた答えが一番しっくりくる。