blog

一杯のトマトスープ

2018年12月11日

皆さんは暖かい、と聞いてどんな場所を想像するだろうか?

暖かい季節、暖かい料理、はたまた、暖かい人柄、暖かい歌、そして暖かい宿。。。

暖かい、とは良い意味の言葉に違いないけど、実体の掴みづらい、曖昧な表現だと思う。

 

ノースキーを暖かい宿にしたいと思った時に、一つ思い出す出来事がある。

トルコのカッパドキア、という町を旅していた時の事。カッパドキアは奇妙な

形をした岩が点在している町で、とても有名な観光地だ。

DSC01075 DSC01076

 

奇異な風景は興味深く、散策に飽きる事はないのだけれど、乾いて荒涼とした景色は

どこか寂しさを覚えずにはいられない。

季節は師走に近い真冬の事で、日も暮れかけて来たので、大都会のイスタンブールに

戻る事にした。

DSC01053

イスタンブール行きのバス停はすぐに見つかったけど、なんとバスが来るのは一時間半も後。

空模様も怪しくなってきて、みぞれがぱらぱらと落ちて来る。強い風が薄っぺらいジャンパー

突き抜けて、体温が奪われて行く。

 

たまらなくなって当たりを見回すと、遠くにぽつんと灯りをともしている家が見える。

 藁にもすがる思いで歩いて行くと、そこは一軒の小さなレストランだった。

 

窓から中を見てみると、暖炉があって、とても暖かそうだった。

暖炉の脇の椅子に老人が座っていて、少し、うたた寝してる様子だった。

 

ドアを開けるとベルが小さく鳴った。老人はゆっくりと立ち上がった。

 

老人はしばらくの間、言葉もなく凍えた私の顔を凝視すると、何も言わずに厨房

に入って行ってしまった。

営業時間外だったのかと、店を出ようとしたら、うしろから老人の呼ぶ声がした。

振り返ってみると、彼の手には、一杯のトマトスープが持たれていた。

促されるように私は暖炉の前の席に座り、暖かいトマトスープを飲んだ。たぶん、

今まだ飲んだ中で一番美味しく、暖かいスープだった。

 

まだ注文をする前の事だ。

 

私はそれからトルコの伝統的な料理をいくつか注文した。どれも美味しかった。

食事の最中、私は時折厨房の中の老人に目をやった。老人は私と目が合うと、

少し笑って、すぐに目をそらした。私たちに会話はなかった。

DSC01058

 

窓の外の、荒涼とした奇岩達を眺めながら、私は今度いつトルコを訪れる

事が出来るかな、と思った。 来年かもしれないし、これが最後になるかな、

とも思った。

 

あれから十年以上たって、一度もトルコを再訪していない。

 

しかし京都で宿を営業している私は、今でも時々、あのトマトスープの事を思い出す。

仕事に疲れて来ると、「カッパドキアのトマトスープ…」などと呟いてみる。

DSC01081