blog

イスラムの風景① パキスタン

2017年09月27日

「オーナーさんおすすめの国はありますか?」

 

海外一人旅に興味のある方に、時々聞かれる事がある。出来れば、世界中どこへでも

旅に出てもらいたい。しかし昨今の世界情勢では、強くは勧められない国々もある。

 

特に、イスラムの国々だ。

 

 DSC00870

 

私が初めてのイスラムの本質を見たような気がしたのは、パキスタンという国だ。

パキスタンは実は、中国の西の果てとつながっている。

 

中国のウイグル自治区を過ぎ去って、さらに5000mを越える高地の峠を越えて、

軽い頭痛を覚えながらようやくパキスタンに辿り着く。

 

峠を越えるバスの中では、唯一の外国人である私をおもしろがって、出稼ぎの

パキスタン人から様々なお菓子やお茶が回ってくる。とても暖かくて、忘れがたい

道中だった。

 

「故郷が近づいて来た。待ちきれないよ」

 

中国で働くパキスタン人の彼らは、そわそわしながら故郷の風景を待つ。

 

DSC00837

DSC00838

 

峠を越えた先にあったのは、高い山々に囲まれた美しい集落だった。粗末な宿を寝床に

選んで、私はしばらくその村にいた。

 

毎日集落を散歩して、時には村の人に一杯のチャイをごちそうになり、時には村の子供達

とじゃれあって過ごした。

 

そこの村には、なんの暴力も、なんの狂気もなくて、穏やかで静かな暮らしがあった、皆、

その静かな暮らしに何の疑いも持っていなくて、その村の中で、将来に対する不安を持って

いたのは私だけであるように思われた。

 

TVでイスラムの暴力性が語られるたびに、私はあの村を思いだす。旅人にはひときわ

やさしくて、暖かいまなざしの村人達を思う。

 

朝、日の出前になると、宿のおやじは屋上に出て、朝の礼拝を始める。

 

 

夜が明ける前は、真っ暗だった集落が、山の背から出て来た日差しによって徐々に

光りに満ちて行く。

 

屋上からは、村の美しい川や、木々や、動き始める家々や、厳しくも柔らかい山肌が見えた。

DSC00869

DSC00859

 

村の全てが朝日に包まれると、宿のおやじは仕事を始める。聞き取れない現地の言葉で

何か呟いたので、私はその意味を尋ねた。

 

「今日も太陽が来てくださった。今日一日、私は生きてく行く事ができます。アラーに

感謝します」

 

私はその言葉の中に、イスラムの本質を見た気がした。

 

いつか、パキスタンやイスラムの国々が、気軽に旅できる世界になれば良い。とても旅人

に優しい場所だから。

 

DSC00874

DSC00864