blog

雨が降ればあの日々の事を

2018年07月11日

 

先の豪雨で京都の鴨川も桂川も、氾濫寸前までいったけど何とか持ちこた。

だけど京都大作戦という野外フェスは中止になり、がっかりするお客さん

の顔を見るのはこちらも辛かったな。。。

 

不幸なニュースがどんどん流れて来て、唯一ほっこりしたのは、鴨川の河川敷

に避難しに水から上がったサンショウ魚くんくらいのものだ。(←でも本人は必死)

 

雨音は記憶のフックになるのか、晴れた日よりも雨の日を良く覚えているのは

私だけだろうか。

 

今から十年程前の今くらいの季節に、プータローだった私と妻は車で日本旅行

をしていた。毎日無料のキャンプ場を探して寝ていたので、自分たちの家は

コールマンのテントだった。

そして金がないからキャンプ場でほとんど自炊していた。

P7040104

P7300524

 

 

テントの設営&撤収もあるから雨は勘弁して欲しいのに、この年の夏は良く雨が降った。

飯を食べたら暗闇のキャンプ場でする事もないので、テントを打つ雨音を聴きながら

眠気が来るのを待った。

 

あの寝落ちするまでの、つかの間のまどろみ中で、私は何を考えていたのだろう。

妻の事とか、将来の事とか、旅の事とか、色々だったと思う。

でも間違いなく幸福な時間だった。ずっとコールマンのテントで暮らしても良いじゃん、

と思っていた。

 

明日はどこへ行こう。次に辿り着くのはどんな場所だろう。私の意識は前へ前へと

向かっていた。

 

明日は晴れたら良いなと、雨音を聴きながら旅の続きを夢想して、毎晩眠りについたものだ。

 

P8150759

P9091033

 

コールマンのテントから、京都のシェアハウスに移って、一乗寺の軽量鉄骨のマンション、

東本願寺裏の鉄筋のマンションに今は住んでいる。

 

住む家は立派になったけど、どの時代が幸福だったかなんて上手く言えない。

 

どの時代も幸福だったし、どの時代にも小さな不安があった。

 

前しか見えない目玉をつけて、なんて歌が昔あったけれど、それはきっと、

幸福な状態なのだろう。

 

現状を守る為に生きるよりは、数倍良い人生だと思うな。

 

この世の中にある美しいもの全てをあなたに

2018年07月03日

旅人の終わり

2018年05月29日

旅と死と、ホステルノースキーと。

2018年05月28日

イスラムの風景① パキスタン

2017年09月27日

カナダにて

2016年09月26日

インド② デリーの街角

2015年12月04日

インド① ニューデリーの安宿

2015年11月15日

マレーシア ペナン島

2015年09月25日

一乗寺、修学院

2014年07月31日

お祭りの匂い。

2014年07月18日

緑の中の廃墟

2014年02月15日

まるい看板。

2013年12月29日

スイカはお好き?

2013年09月15日

名前を教えて

2013年09月15日

一枚の写真

2013年08月23日

古書に埋もれて

2013年08月23日

死者の日

2013年08月16日